<第一回「糸島自然エネルギー100%タウン!市民ミーティングCafe」>

<第一回「糸島自然エネルギー100%タウン!市民ミーティングCafe」>が昨日開催されました!まだイスとストーブ以外何もない、「いとしま電力総合研究所」にお越し頂き、参加者の皆さま、ありがとうございました。30分延長をして、2時間半という時間の中、皆さんから様々な意見が出て、とても内容のあるディスカッションが行われました。その概要を、以下に要約します。

●自然(再生可能)エネルギー100%タウンは、そもそも良いものなのか?
これについては、敢えてデメリット、課題や疑問点を中心に意見交換をしました。
 ・何を持って100%と言うのか?売電は?自家発電は?
 ・100%再生可能エネルギーは非現実的ではないか?
 ・FIT(固定買取価格制度)による、均等負担=サーチャージ(割増電気代)は、このまま増加することが予想される中、それは理解が得られるのか?
 ・まずは原子力発電抜きで成り立てば、必ずしも再生エネ100%でなくても良いのではないか?
 ・タウンベースではなく、地域や集落ベースで100%を実現することが現実的ではないか?
 ・自然、再生エネ増と同時に、節電が大切である
 ・市民発電所や大型の発電所だけでなく、自家発電など、各個々の家庭が自分たちで自給を目指すことが大切ではないか

●映像:100%自然エネルギーの島「デンマーク・ロラン島」の様子を視聴しました/NHKエコチャンネルより
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?did=D0013770094_00000

●100%タウンが実現されている時、糸島はどんな魅力がある町になっているか?
 ・まずはどんな発電手段が向いているのか
 ・太陽光以外にもバイオマス、水力、波力、風力、洋上風力などはどうか?
 ・ロラン島のように産業になれば、雇用が生まれる
 ・観光や地域の魅力の目玉になる
 ・安心、クリーンな印象が、新たな若年層、子育て世代等の住民流入に繋がり、糸島を含め、人口減が始まる地域にとって、それを解消する魅力になるのではないか?

以上、時間の都合持ち越しのテーマもありますが、それぞれにつき沢山のトピックが出て、これらをもとに、沢山の意見交換が行われました。
これからも、定期的にCafe形式で、このタウンミーティングを行っていきます。沢山の方の参加をお待ちしています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

"The first Itoshima 100% Renewable Energy Town Meeting" was held in IREEP yesterday.
There was a vigorous barney the whole time. We had two main topics, the first one is that advantages and disadvantages, and the second one is a charm of Itoshima 100% Renewable Energy Town. We are looking forward to many people taking next opportunity to attend.

 

いと電宝くじ当選番号発表!!冬ステージ(2015年12~3月)1等「54」

2等 「9」