「シェーナウの想い、日本の想い」

今日は、私たちの活動の原点となり、また大きな励みとなった「お話し」をご紹介させてください。
「シェーナウの想い」と呼ばれる、実話の物語です。舞台はドイツ、シェーナウ市。1986年、チェルノブイリで起きた原子力発電事故をきっかけに、穏やかなシェーナウの­人々が立ち上がり、多くのハードルを乗り越えながら、ドイツの自然エネルギー社会転換のモデルとなっていったストーリーです。
「シェーナウの想いは、日本の私たちの想い」と、きっと何一つ変わらないはずです。「子供たちを想い、未来を想う」私たちの力が、自然(再生可能)エネルギー中心の社会を、日本でも実現すると信じています。

動画 シェーナウの想い(思い):http://www.youtube.com/watch?v=QPgUskB9L4I
※写真は"Power to the People"上映会の風景

Please let me introduce this sory that became our origin of activities.
The documentary film "Das Schonauer Gefuhl". I think that we have the same perception as them. Feelings of love for our children and future realize "Renewable Energy Society".

 

いと電宝くじ当選番号発表!!冬ステージ(2015年12~3月)1等「54」

2等 「9」